2021/07/19

【逃、げ、ろ】BTC超えてはならない一線を超える






これと言った材料を欠く中、先週末NYの流れを引き継ぎ弱かった東京市場。そしてその倍は下げているだろうか現在の欧州市場。もちろんNY指数先物も弱い。そして超えてはならない一線を超えてしまったのがBTCだ。





高値から半額ほどで推移していたが週足の50日移動平均線は割れていなかった。しかし本日その一線を割る。今日は週明けで週末にはまた50日移動平均線の上に戻す可能性もあるが、金融市場全般が軟調で結構弱気。リスクの高い資産に資金が向かう局面では無い事から、直近の安値とは言え買い向かう局面ではない。




BTC、USD週足チャート









しかしながら量的緩和の金余り相場は続く公算で、こういった金利が大きく動き市場が動揺している時こそ安全な資産なら躊躇せずに買いたい。SP500指数に連動する指数ETFなどだ。直近の傾向はリスクの高い資産を売りリスクの低い資産に乗り換えたり、仮想通貨や小型グロースなどを売り現金確保の暴落待ちだ。




さて、BTCに新規参入を計る私ですが、まだまだ高いのが現状だ。BTCの採掘原価を割り、多くのマイナーが撤退しなければその局面とは言えない。例えこの辺で反発しようとも、その場合大きな値幅は期待できない。やはり思いっきり低迷してもらわなけらば困る。








まあ本来大きく下落するなら週末アメリカ時間の未明の出来高が少ない時による機械の売り攻勢やロスカット雪崩に起因するのだが、今回はそれに当てはまらないためそこまで落ちないだろう。。。週末は分からんが。。。まあよく嘘を付くクレタ人が、「クレタ島のクレタ人は皆嘘つきだ」と申しても説得力は無いが。。。




さて、BTCにすでに投資している投資家の皆さん。BTC価格が2万ドルほどで長期低迷する覚悟は出来ていますか?もちろん仮想通貨の取引で利ざやを稼ぐCOINやそれを保有するARKK、しいては小型グロース全般が低迷する覚悟は出来ていますか?日が登るのはまだまだ先の話だ。。。




ああ、SP500指数などのリスクが低い資産に限っては暴落は『買い』ですよ。直近の傾向や量的緩和が続く事からも。






オススメの記事






お帰りはこちらから ランキングサイト
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



2021/07/17

【SP500】週末の迷走市場







週末の金融市場は全面安の展開です。また大方の予想通り小型グロースなどのリスクの高い資産の下落が顕著です。原因は細かい経済指標に投資家が敏感になっていることだ。投資家は迷走、株価も迷走、そしてFRBも迷走状態だ。前回のFOMCでFedの発言がタカ派だっただけに、物価指数が少し予想を上回っただけでテーパリングが意識され一気に金融市場は不安定に。




しかしながらレバレッジの解消による下落というよりは、利益確定や持ち株の売却といった側面が強いため、一旦引かれた資金はそのうち戻って来る公算だ。金融緩和により現金の価値が希釈化しているのだから、資産の置き場所としての現金は不適格だ。新たな資金は供給され続けているのだから。。現在買われているのは勿論リスクの低い資産であるSP500指数などに連動した指数ETFや米国債だ。








それが原因で物価指数が予想を上回るインフレを示したにも関わらず10年物米国債金利は下落。以前とは真逆の値動きでインフレが金利を急騰させていたのは対象的だ。しかしながらインフレが顕著であり、テーパリングの開始や利上げが意識されるのなら、遅かれ早かれ金利は上がる。





そもそもFedが行っている金融緩和とは、米国債を市場から買い入れることで金利を低く押さえつける事だ。買うのを止めれば当然米国債は買い手を失いその価値は下落する。つまり米国債の価値は下落し金利は上昇。それがいつなのかは分からないが、すぐではないことだけは確実だ。





なにしろ中央銀行の連中は事態の行方を見極めてから政策を決定したいのだから。インフレや物価の上昇は一時的で暫く経てば沈静化するのか?それともここからさらに加速するのか?ココらへんが天井だが沈静化することなく高止まりするのか?私見では原油価格が上昇し続ける限りインフレは上昇し、高止まりすればインフレも高止まりする。全ては連動しているし、原油とはまさに産業の血液であるからだ。







株式市場はまだまだ不安定な値動きが継続するがじり高傾向が続く公算だ。一時的な急落を交えながら。またリスクの高い資産から指数ETFなどのリスクの低い資産への資金の流れも続く公算で、小型グロースや仮想通貨はやはり危険だ。特に仮想通貨の方は、完全に出来高が薄い週末のアメリカ時間の未明が怪しい。。。




因みに仮想通貨に新規参入を目論む私が、ビットコインに投資するなら当然現状は投資不適格だ。少なくてもビットコインが原価割れを起こし、採掘原価が時価を割り多くのマイナーが撤退。でなければ大した上昇は望めないし、そもそもテーパリングが噂される局面で上がる資産とは言えない。遅かれ早かれテーパリングするんだからとっととやれや。いつだって現金は刷れるんだから。。


BTC、USD週足チャート





おすすめの記事







お帰りはこちらから ランキングサイト
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



2021/07/15

【悲報】仮想通貨やミーム銘柄に下落の兆し






逃、げ、ろ。一時的な反発も弱く再度下落傾向です。AMCやGME、SPCEなど直近堅調だった銘柄も昨夜は大きく下落し、小型グロース全般が再び弱っている。因みに現状を踏まえれば上がる要因は無い。テーパリング待ちで、経済はコロナによる制限が未だ残り、ここから小型グロースや仮想通貨市場にまで資金が滴り落ちる可能性は低い。ものすごーく低い。




今後上昇に転じるのはかなり先の事となりそう。テーパリングが始まり市場がその環境に慣れ、そして経済が加熱してからとなる公算だ。テーパリングを控えSP500指数が大天井圏にある中で、小型グロースや仮想通貨を買うのは狂気の沙汰だ。リスクの高い資産は例え指数が崩れなくても大きく下落するし、もし指数が下落するならば小型グロースなんかはナイアガラチャートだ。




BTC、USD、週足チャート







はっきり言ってこのチャートパターンはヤバイ。完全に赤信号だ。直近週足の50日移動平均線で何とか踏みとどまっていたがそろそろ限界っぽい。また反発も非常に弱く下落傾向にある25日移動平均線に一度もタッチしていない。誰もこの水準で下落傾向にあるビットコインを買おうなどと考えていない様子で、逆に売り時を探っている投資家が多い。





因みに市場は、多くの投資家に取って一番イヤな方向へと転がる性質がある。もしARKK系の小型グロースやBTCがここから下落すれば痛い事になる投資家も多いのではないだろうか?大天井から半値付近まで一旦落ちた事である程度の資金を飲み込んだようだが、もしここから再度下落に転じればそれらの資金は我先にと出口へ殺到することだろう。次のサポートは2018年頃の天井である2万ドルあたりだ。つまりここから30%ほど下落する可能性がある。




因みに私見ではBTCは採掘原価を割るまで下落する公算だ。現在のマイニングコストは上がる一方で、今新規に始めるならそのコストは1BTCを採掘するのに1,5万ドルほど掛かる模様。これはBTC価格が大きく上昇したことでマイニングが注目を集め、新規参入やハッシュパワーの増強などにより採掘難易度が上がったためだ。








つまりマイニングとは電気代とBTCを交換する作業だが、今までは電気代とBTCをアービトラージをすれば簡単に儲かった。しかし簡単に儲かるなら多くの新規参入が現れ採掘コストは上昇。つまり同じ電気代に対して以前ほど儲からなくなっているのだ。それでも1,5万ドルの電気代で市場価格の3,2万ドルに相当する1BTCが手に入るので、まだまだ採掘難易度は上がる公算だ。



しかしマイニング市場とBTCの取引市場はまったく別の市場だ。勿論取引市場においてビットコインの採掘原価を割ることだってある。下落傾向にある取引市場でチャートにおいての当面のサポートは2万ドル付近だが、加熱するマイニング市場で採掘難易度が上がっていることから両者がぶつかり合うのはやはり2万ドル付近だ。そして採掘原価を割れば、撤退するマイナーが現れその後はじり安の展開が続く事となる。チャートにおいて2018年以降の値動きの様に。。。





仮想通貨や小型グロースが今後上がるとすれば、テーパリングの荒波を乗り越え、実体経済がある程度加熱しそれが金融市場に波及してからとなる公算だ。またリスクの高い資産が上がるのは、SP500指数などの安全な資産の器が満たされて、行き場を失った資金がこぼれ落ち始めてからだ。絶賛低迷中のコインベースの推移から、誰もこんなところでBTCがV字回復するとは思っていない。コインベースの株価が低迷しているという事は、つまりはそう言う事だと。。。






おすすめの記事






お帰りはこちらから ランキングサイト
  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村